自然農園かぼちゃとやぎ
野菜の話 虫食い野菜は極上だ     

当農園では全ての野菜に対し一切農薬、化学肥料は使用しておりません。その結果一番喜んでいるのは虫たちです。もちろん虫たちを少しでも排除すべく日々努力は怠っておりませんが、その進撃を100%阻止することは到底不可能です。ですから季節によっては、葉っぱものの30%から70%が虫たちのお毒味済みも珍しくはありません。

その昔これら虫食い野菜が本来の姿だったのが、いつ頃からかそれでは市場に出せなくなり、消費者も見た目がきれいで形の良い野菜だけを求めるようになっていました。当然のごとくそれらの野菜には多かれ少なかれ、農薬や化学肥料が使われています。                    

昨今、農薬や化学肥料を極力減らそうとする試みが所々の農家で見られます。つまり作り手(農家)も安心して食することの出来る野菜を作ろうということです。しかし全ての野菜に対し完全に無農薬にすることは不可能に近いことなのです。なぜなら虫がわずかでもかじった野菜は市場が受け入れてくれないからです。出荷できる野菜を作るのは当然で、農家も生活上致し方ないことなのです。

現在私が借りている農地は約600坪、うち100坪はやぎと鶏たちのもの、250坪は無農薬梅の栽培地、残り250坪が無農薬有機野菜のための畑です。たったこれだけですので
、自分たちが食べる分と2店舗ある喫茶室で消費される分だけで手いっぱいです。結果、見た目はよくないですが安全で美味しい野菜を食べることが可能なのです。

参考までに虫と農薬と野菜たちの力関係を例示してみます。ただし季節、場所、土壌、栽培方法(有機又は自然農法等)、などの条件によって違いますが、ここでは私が行っている有機農法をベースに比較してみます


農薬と虫(病気)と野菜たちの関係

農薬と虫(病気)の関係 野菜の例示
農薬なしでも大丈夫だよという野菜 春菊、にがうり、ごぼう、にら、つるむらさき、にんじん、ジャガイモなど
農薬なしでもほぼ大丈夫だよという野菜 ほうれん草、ラディッシュ、大根、カブ、枝豆、インゲンなど
農薬がないと少しやられる野菜 トマト、ピーマン、ブロッコリーなど
農薬がないと被害甚大な野菜 なす、きゃべつ、はくさい、とうもろこし、セロリなど