自然農園かぼちゃとやぎ
アローカナノ部屋当農園の放し飼いアローカナのご説明

 アローカナは南米はチリが原産で、薄茶〜黒色の羽毛を着た見た目も美しく、赤ちゃんのよだれ掛けのようなあごひげならぬあご羽毛が特徴のやや小ぶりな鶏です。彼らの卵は白でも茶でもなく、薄い青色(写真右下)をしています。この青色の卵には一般の卵の約2倍のレシチンが含まれているといわれており、健康面でウコッケイ以上に今注目されている卵です。純粋アローカナ種は通常の鶏の3分の1から半分ほどしか卵を産みませんので、多くは産卵数を上げるため白色系(レグホーン)や赤玉系(コマーシャル鶏)と掛け合わせた交雑種が多いのが実情です。そんな中、当農園ではあくまで純粋種(国産)にこだわり良質で安全なしかも美味しい卵を日々追求しております。ちなみに当農園は質の良い鶏を育てるため、10坪の鶏舎で40羽(内オスが4羽)しか飼育しておりません。ですから全体で1日平均4個(10月から2月中旬ごろ)から15個(春、夏)ほどしか卵を産んでくれません。

当農園のアローカナと卵の更なる特徴

@あくまで自然な餌にこだわっているため、黄身がとても自然な色をしております。餌はは配合飼料のほか、発酵飼料(大豆粕、ふすま、おがくず、コーヒー粕、籾殻、牡蠣ガラ、米ぬかを発酵させたもの)、無農薬の青菜をふんだんに与え、生餌(沢蟹、ミミズ、虫など)も出来るだけ食べさせています。また大切な水は、ミネラルいっぱいの山の水を毎日ごくごく飲んでおります。

A貯蔵において一般卵より倍以上長持ちします。

B自家繁殖ですので薬剤、人造ホルモン、抗生物質等の投与は一切ありませんので安心して生で食べられます。

C卵かけご飯は信じられない美味しさです。

Dこの卵を使って作ったチーズケーキやマヨネーズは革命的な味がします。

E一般卵より黄身に比率が多く、白身のぬるぬる感が気になりません。

F毎日好きなだけ走り回っていますのでストレスもありません。

G鶏小屋の床には木材のチップやもみがらを敷き詰めて常に発酵させておりますので、鶏小屋特有のいやな臭いもなく、またひよこのうちから当該発酵床に接することにより、雑菌に対する高い免疫力と抵抗力を持ったすこぶる元気いっぱいの鶏たちです。