自然農園かぼちゃとやぎ
自己紹介私(松沢淳一郎)の経歴のページです

(略歴)
1959年 茨城県北茨城市磯原町にうまれる
1982年 同志社大学経済学部卒業
1982〜1984
この間、京都(伏見区)に下宿(ぽっちゃん便所付の激安アパート)住まいをしながら人生勉強と自認し北海道や長野で怪しくも健全なる住込の仕事を転々とした後、大阪で塾の講師をする。確か東大セミナーとかいうすごい名前だが教えてる中身はすごくなかった。が、子供たちは皆かわゆかった。

1984年 東京国税局入局。法人税調査、相続税調査等の業務を行う
2000年 同退職
同年    オフィス松沢を設立。主に相続、財務、マーケティング等のコンサルタント業に従事
2002年 少々身体を壊したこと(お付き合い酒の飲みすぎの為)を機に無農薬有機農業に目覚め、北軽井沢の清水農園にて実地研修の後、現場所にて自然農園かぼちゃとやぎを設立し現在に至る。
(現住所)
東京都台東区
(趣味、好きなこと)
絵を画くこと、フィクションを書くこと、一人旅、、少しだけ深く考えることなど。
(尊敬する人物)
吉川英治、山本周五郎、司馬遼太郎、樋口一葉、他、古典文学の巨匠たち。
(タイムマシーンで戻ってみたい時代)
予備校時代
(理由)
夢が無限大に広がり続けていた時代だから。
(モットー)
あくまで個人主義に生きよ。利己主義はだめ。
(そのためには)
日々一生懸命勉強し、仕事をし、一生懸命遊ぶこと
(老若男女みんなに言いたいこと)
勇気をもって前に進んでください。その結果いっぱい失敗し、いっぱい恥をかいてください。社会とくにマスコミに流されないでください。それらは参考にするだけです。ですからあまりテレビは見ないことです。人間が退廃します。そして自分の死(消滅)の恐怖を時折強く意識することです常に社会に対する批評の目を疑問の心をもち何かを考えて生きていくことです。そうすれば普遍的で大切なものがいつか見えてくるはずです。人生少しのヒント(発想)と、それを実行する勇気があればよいのです。歳をとればとるほど進歩的になってください。決して保守的にはならないことです。他人(ひと)を意識しなければ自分がやりたいことが出来るはずです。自意識過剰な人が多すぎます。自分らしく生きたいと願っているにもかかわらずみんなとおんなじ生き方をしている人ばっかりなような気がします。これらのことをしっかり考え実行して生きていけば自然と教養が表れてくると思います。
(どんな人間が立派で、素晴らしい人なのか)
有名、著名な人でも、お金をたくさん稼いでる人でももちろんない。それは深い
思いやりをもって他人と接することが出来る人だ。そして大切な絆はその思いやりがあって初めて結べるのだ。
(大切なお金の話)
お金には決して固執しないことです。そしてお金はむやみに貯め込まないことです。貯めるなら目的を持ってしてください。お金に意志を持たせることです。言っておきますが、老後のためというのは目的になりませんよ。つまり意味もなくお金を持ちすぎないことです。過分に持ちすぎると人間が吝嗇になり、せこい人間になってしまいます。そんな人間は人から嫌われこそされ、好かれることはないでしょう。お金は簡単に人間を変えてしまうのです。世の犯罪のほとんどはお金が原因です。勤労意欲とのバランスが取れてるのが程よい金額です。真面目に地道に働いていれば日々楽しく暮らしていけるはずです。欲張ってはいけません。お金を残して死ぬことは罪ですよ。子供たちをだめな愚かな人間にしてしまいます。お金を増やすのではなく豊かであったかい心を増やしてください。